おはようございます! 朝から冷え込み、少し咳が出ますが、元気に朝を迎えています。 昨日は早朝から福岡へ出かけ、監査役をしている会社の支店長会議に出席しました。 80名ほどの人が参加し、支店長、各部の責任者の方針発表です。恒例になっています。 各部がどういうことをやっているか分かり勉強になります。今期も厳しい中増収増益です。 長年監査役をしていますがこの会社は愚直に基本を大切に取り組んでいます。 売上拡大、利益確保、人材育成を基本に具体的に何をすべきかをとことん追求していくところが すごいです。簡単なようでなかなか出来ることではありません。 基本は同じでも環境変化している中的確にどう対応していくかいつも古くて新しい課題です。 どの企業にも当てはまる基本原則です。原則をきちんとやれるかどうかが分岐点です。 支店長会議の後公認会計士協会の新年講演会に出席しました。 JR 九州の石原会長の「道州制と九州の未来像」のテーマの講演でした。 初めて石原氏の講演聞きましたが、世界日本の情勢を的確にとらえ、これからの国、地方がどう あるべきか示唆に富んだ話でした。九州のトップリーダーにふさわしい識見を持った人です。 この後公認会計士協会の新年会に出席しました。各界各層の関係者の方も出席されていていろい ろ歓談できました。会計士業界も大きな分岐点にさしかかっています。 会計士のあり方が改めて問われている大切な時です。気を引き締めて臨まなければなりません。 会計士協会の新年会の後知人が主催している経営者の勉強会の新年会にも出席して帰りました。

関連する記事