おはようございます!
日曜日ですが早く目覚めそのまま起きています。静かな朝です。おかげで今朝も元気です。
昨日は土曜日で午前中週末恒例のお墓参りとショッピングに出かけました。長年の習慣です。
お墓に行きましたが山々の桜も7分咲きでまもなく満開で小春日和の青空のもときれいです。この
一週間が見頃です。目白の鳴き声やひばりの鳴き声も聞こえ春を感じます。四季折々の自然の変化
を楽しみたいものです。自然一定の法則で動いています。両親達に1週間の報告をし、必要な食料
を求めて帰りました。いろいろ反省すべきことばかりです。
午後から事務所に行き公認会計士研修をインターネットで受けました。3月迄に40単位の講習義
務付けられていて後4単位でしたが何とか目処着きました。幅広い研修が義務つけられています。
仕事やる上で必要なことばかりです。学ばなければならないこと次から次に出て来ます。
研修を受けた後たまっていた事務所の会計処理をしました。すぐたまります。早めに処理するよう
心がけています。この後久し振りに安岡正篤師の「活眼 活識」を読み直しました。折ある度に読
み返しています。昨日は清の宰相曽国藩の「四耐」の言葉が心に残りました。四つの忍耐、一つは
冷ややかなることに耐える。人生の冷たいことに耐える。第二は苦しいことに耐える。第三は煩わ
しいことに耐える。第四は閑に耐える。人生冷に耐え、苦に耐え、煩に耐え、閑に耐えること易し
いようでなかなか出来る事ではありません。とにかく自分が毎日絶えず追求する問題を持ち続け、
そういう思案や反省と同時に、絶えず追求する問題を持っているかどうかが大切のようです。
人生なかなか思うように行きませんがその中に深い何かがあるようです。耐えること大切です。
古典読めば読むほど深い味わいあります。古典を通して自分を深く見つめて行きたいものです。

関連する記事