おはようございます!
三寒四温を繰り返しつつ春も深まっています。まだ冷え込みますので要注意です。
今朝も元気です。三月も残り少なくなり年度変わりです。矢の如く日々が過ぎていきます。
今を大切にしなければとしみじみと思います。年をとるごとに今の大切さを感じます。
昨日は日曜日で天気も良く家内と娘友達夫妻と阿蘇へ桜見にドライブに出かけました。丁度見頃で
桜最高に美しかったようです。春の阿蘇の雄大な景色目に浮かびます。
こちらは朝から市民囲碁大会でした。囲碁の大牟田の日本棋院の支部長をしています。今年49回
目の大会で5名一組の団体戦で24チーム、120名の参加でした。人口減少、少子化の影響モロ
に受け若い人の参加少なく殆どが60歳以上となっています。近隣市町村も同じような傾向でお互
の会に参加してカバーして運営しています。何事も継続すること大変です。市民囲碁大会春と秋団
体戦と個人戦をやっています。昨日は団体戦でパート毎に三戦し夫々で優勝を決めるやり方です。
我チーム1勝2敗でしたが私自身3戦3敗でなかなか片目が開きません。支部長になった時名誉
5段になり実力不足がもろに出ているようです。このギャップを埋めるための日々の精進が必要な
のですが怠っています。大事な所での読みに甘さあります。
囲碁は自分で一番良い手と思って打っていきます。大局観、手筋、定石、形勢判断の差で自然に差
が出ます。今大切な手は何かを見極める力求められます。囲碁に限らず今何をやることが大切かと
いう日常生活、仕事にも共通することです。囲碁を通じて考えねばならないこと沢山あります。
長年やっていると碁敵もたくさん出来ます。勝っても負けても喜びと悔しさを味わえる友かけがえ
の無いものあります。元気に出来るだけこの会も続け囲碁を楽しんでいきたいものです。

関連する記事