おはようございます!
土曜日で少し寝坊しました。今日は曇り模様の天気のようです。よく眠れ今朝も元気です。
昨日は朝から福岡へ出かけ顧問先の会社の人達と経営課題の検討をしました。社長だけでなく腹心
の3人の管理職を入れた勉強会です。管理職の意識改革とレベルアップが目的です。社長の意図す
る所をよく理解し具体化し社員に徹底していくことが肝要です。経営の要です。ここが中途半端だ
と方針伝わらず経営改善につながりません。今回は6回に分けて勉強会をやるようにしています。
初めての試みです。最初経営改善の取り組みのマインドマップを元に基本の話をしています。全て
の基本です。今回は戦後の歴史年表と顧問先と業界の歴史年表を作成し時代環境の変化の中で当社
がどう経営してきたかを考え整理しました。今だけ見ていてもわからないことが大きな歴史の流れ
で見ていくとこれまでやってきた経営の内容がより深く理解出来ます。又これからの時代がどうな
ろうとしているかが見えてきます。時代環境変化に伴い需要も大きく変わってきています。過去の
延長線の考えやり方では生き残り難しくなってきています。
戦後の70年の歴史の変化をつぶさに見ていくと恐ろしいほどの変化起きています。これに伴い産
業構造も大きく変化しているのが歴然と分かります。その中で企業の栄枯盛衰起きています。様々
な業界の企業生まれては消えていっています。その中で着々と成長発展している会社もあります。
又立派な業績をあげていた企業で急激に経営難に陥っている所もあります。何故そうなるのかを考
えていく中から考えねばならないテーマがありそうです。現代とこれからは右肩上がりでなく右肩
下がりの経済に入っていく中での経営です。右肩上がりの高度経済成長の時は売上の伸びの範囲で
変動費と固定費を押さえていけば利益生まれました。右肩下がりの売上減少の時代は変動費は抑え
られても人件費等の固定費を抑えきれない分収益悪化になります。この課題にどう対応するかが現
代の経営のテーマとなっています。関与会社共通の課題です。共にこの中で道を切り開いていくこ
とがこれからの仕事の基本です。やりがいを感じます。大いに研鑽を積まねばなりません。

関連する記事