おはようございます!
東京のホテルで朝を迎えています。眼前に幾つもの高層ビル立ち並んでいます。東京の夜明け九州
より40分は早く5時前から明るくなります。よく休め元気に朝を迎えています。おかげでぎっく
り腰も大分落ち着いてきました。まだ油断は禁物で健康過信しないようにしなければなりません。
昨日は朝から福岡の会社の経営会議に出席しました。通常の役員会とは別に管理職で経営検討
をします。各部より詳細な報告が行われます。最近毎年売上減少し厳しい経営状況続いています。
歴史のある会社です。10年、20年持つ耐久消費財を製造販売しています。それだけに一度売上
して同じ顧客から次の注文いただくのに長い時間かかります。それだけに一定の売上を維持し拡大
していくには新たな顧客開拓、新製品開発を続けるとともに納入した製品の保守管理のサービスの
強化を図らないと売上の増加は見込めません。高度成長の時は全体のパイが増加していましたので
良かったのですが右肩下がりの経済環境のもとではここが難しくなってきています。日本の製造業
が苦戦しているのはこの点で共通しています。この中で成長発展している企業を見てみるとM & A
や業務提携を積極的に進め、取扱い製品を増やす、顧客の層を広げる、地域を広げるを基本原則に
売上拡大に最大の努力をしています。全体のパイが増えていないので同業他社との将来の統合を見
据え囲い込みの動きも起きてきています。売上の増大は企業の成長の生命線です。経営改善には
この点が最重要です。成功事例、失敗事例をよく研究し夫々の会社にあった具体的な経営改善
の方法を真剣に考え取組んでいきたいと考えています。理屈は簡単で経営改善の基本は売上を増や
し、変動費と固定費を抑えていくことに付きます。具体的に掘り下げていくと深いものあります。
原理原則を基に具体的に何をすべきかをく顧客と共に真剣に考えていきたいと考えています。
何事も改善には何が原因でそうなっているかをどう捉えるかで次の手が決まります。原因の捉え方
を間違えると打つ手も当然方向違いとなり効果ありません。歴史と環境変化をよく研究し、これか
らを見据え何をすべきかを考えていかねばなりません。様々な業界の企業に関与しています。
深く掘り下げていくと共通の課題ばかりです。私のライフワークです。