おはようございます!
家の鈴虫元気に鳴いています。静かな朝で虫の声聞いていると心落ち着きます。今朝も元気です。
朝起きる時読んだ伊與田覺師の「先哲の言葉」の中の一節「2つの強さ」が心に残りました。
人の上に立つ者には強さが必要です。ただしこの強さには2つの種類があります。「剛毅朴訥仁に
近し」といいますが、この剛毅という文字がそれを示しています。剛は、表面的な強さ、外に表れ
た強さを意味します。毅は中に潜んだ強さ、忍ぶ強さを言います。このしのぶ強さというものが指
導者には特に求められると思います。という一節が心にしみました。内面の強さをいかに涵養する
かが大切です。古典を読むと短い言葉の中に目覚めさせられる言葉にめぐりあいます。
昨日は午前中懇意にしている金融機関の人に会い、意見交換しました。これからのことをよく考え
新しい金融機関のあり方を模索されています。顧客の立場に立ち、具体的なニーズを把握し、それ
に対してどうすべきかを考え行動されています。考え方が柔軟で多面的です。新しいこれからの金
融機関のあり方と思います。足元とこれからをしっかり見つめて取り組んでおられ共感しました。
どの業界も自分の会社は社会のどういうニーズに応えていくべきかを見直し、取り組んでいくこと
が求められている時代です。ここが出来るかどうかが会社の命運を左右すると言っても過言ではあ
りません。これからの経営改善の取り組みで共にやれる所模索してみたいと思います。
午後から福岡の監査法人の事務所でプライスウオータハウスの人とお会いしました。昔若い時私が
所属していた所です。今度日本事務所の60年史が出来届けていただきました。記念誌立派なもの
が出来上がり、当時のことが懐かしく色々思い起こされます。事務所には7年勤務し、退所し40
年の歳月流れています。会計士業界も大きく変わりました。歴史を踏まえこれから会計士業界どう
あるべきかを真剣に考え取り組んでいくことが大切な時です。東京から来た方と共通の知人多く話
しも盛り上がり楽しいひと時を過ごしました。

関連する記事