おはようございます!
今朝も元気に静かな朝を迎えています。間もなく夜明けですが曇空です。
昨日読んだ「致知」の中の東京大学教授の福島智先生の話は衝撃的でした。福島さんは三歳で右目
を、九歳で左目を失明全盲となった。視力を失っても音の世界がある、耳を使えば外の世界とつな
がることが出来ると考え音楽や落語に夢中になっていた。更なる過酷な試練が全盲の少年を襲う。
十四歳の頃から右耳が聞こえなくなり、十八歳、高校二年の時に残された左耳も聞こえなくなって
しまった。何故僕だけがこんなに苦しまなければならないのか。これから先どうやって生きていけ
ばよいのか・・・不安、恐怖、絶望、懊悩の日が続いた。
そんなある日、母親の令子さんが福島さんの指を点字タイプライターのキーに見立てて「さとしわ
かるか」と打った。「ああ、わかるで」と福島さんは答えた。母親のこの指点字は壮大な転機とな
った。福島さんは真っ暗な宇宙空間から人間の世界に戻ってきたのだ。その時の感動を福島さんは
詩に綴っている。
指先の宇宙
ぼくが光と音を失った時  そこにはことばがなかった  そして世界がなかった
ぼくは闇と静寂の中でただ一人  言葉をなくして座っていた ぼくの指に君の指が触れた時
そこに言葉が生まれた   言葉は光を放ちメロディーを呼び戻した
ぼくが指先を通して君とコミュニケートする時   そこに新たな宇宙が生まれ
ぼくは再び世界を発見した  コミュニケーションはぼくの命   ぼくの命はいつも言葉と
ともにある   指先の宇宙で紡ぎ出されたことばとともに
この詩の意味するものは大きい。福島さんだけではない。全ての人の命はことばとともにある。
ことばのない所に人間の命はない。絶望の淵から人間を救うのは言葉である。どのような人生の
難関も言葉という通行証を手にすることで乗り越えることが出来る。福島さんには被害者意識が
みじんもない。被害者意識で生きている人は何事であれ人のせいにする。人のせいにしている人
に難関は越えられない。人生は開けない。よくかみしめたい詩です。

関連する記事