おはようございます!
今朝も元気に静かな朝を迎えています。朝曇っていますが後は晴れのようです。今は何と言っても
紫陽花が綺麗な候です。紫陽花の微妙な色彩を楽しんでいます。6月ならではです。
昨日は日曜日でしたが週末恒例のお墓参りとショッピングに出かけました。生憎の雨でお墓の草取
次回に延期しました。草今が一番繁殖力の強い時です。両親に一週間分の報告をして来ました。
良ければどうしたら良いか直に話したいこと沢山あります。それに父の生存中あまり腹割って話
したことなかったようです。いろいろ反抗していたようです。久留米の方から大牟田にお墓移して
丁度20年になります。おかげで毎週お墓詣り出来るようになり有難いです。雨に打たれたお墓か
らの山景色趣あり心和みます。鳥の鳴き声も聞こえ別世界でホッとします。
帰りショッピングにユメタウンに行きました。ショッピングの間私は本屋へ行きます。同じ本屋で
も並んでいる本も変わり思いがけない出会いが楽しみです。昨日は「パナマ文書公開とタックス・
ヘイブンの陰謀」を求めました。興味深く、面白く家に帰り一気に読み上げました。若い頃多国籍
企業の監査にも従事していましたので関心もありました。
2016年4月「パナマ文書」に関する情報が南ドイツ新聞から流れると多くの政治・経済関係者
などは色めき立っています。タックス・ヘイブンとは租税回避地のことで資産家や企業にとって財
産の保全と節税で大きなメリットあります。最も多いのが資産隠しです。債権者などに分配しなけ
ればならない資産や資金を独り占め出来ます。第二が節税、脱税です。各国の税制や法律の違いを
利用しての操作です。経済がグローバル化し、多国籍企業は世界中の税制等を研究し、本社をタッ
クス・ヘイブンと言われる南洋の島等に本社を置き節税をしています。また世界中の政治家や経済
人がこの制度を使って多額の資金の隠匿、節税に利用しています。様々な影響があらゆる分野で表
面化してきています。これからの仕事の上でも重要ですのでよく研究しておく必要あります。

関連する記事