おはようございます!
今朝も元気に朝を迎えています。連日猛暑続き雨も降りません。九州では珍しいことです。
腹筋や腕立伏せ、早寝早起きのおかげで体調良いのが何より有難いです。一晩寝ると元気になり
ます。何事も一度には出来ませんが継続することで出来るようになり不思議なくらいです。
私自身は何をやっても不器用ですが継続でカバーしながらあきらめず続けています。
昨日は監査をしている会社を訪問しました。監査をするようになって8年になります。事務所の人
に監査してもらい、社長へ監査報告する時同行しています。先代社長以来の旧知の社長です。
監査では数字の背景をよく見ておくことが肝要です。歴史、時代背景を見て今、これからがどう
いう状況になろうとしているかをしっかり抑えておかねばなりません。。その中で会社はどう対応
し、明確な方針を持って取り組んでいるかを見極めておかなければなりません。
人口減少、少子高齢化、情報化、国際化、右肩下がりの経済の中どの企業も成長発展難しくなっ
ています。歴史、伝統ある会社も過去の延長線の経営では業績悪化していきます。ここをどう捉
え、打開策をどう考え取り組んでいるか見極めること監査の上でも重要になります。この視点か
ら経営者と意見交換するよう努めています。私も長年経営者をしてきましたので社長の立場も業種
は違ってもよく理解出来ます。
企業はどんな環境下にあっても成長発展出来るようあらゆる可能性にチャレンジしていかなければ
なりません。右肩下がりの経済下で好況業種か不況業種かの区分より、この中で売上を伸ばせるか
伸ばせないかの企業に分かれて来ています。業績悪化し売上減少続けば企業存立できなくなりま
す。今このメカニズムの解明に力注いでいます。原因と対応策を明確に打ち立てないと改善出来ま
せん。これまで様々の仕事やってきましたが人生の締めくくりは経営改善を通じ企業の成長発展に
寄与出来る仕事に特化したいと考えています。

関連する記事