おはようございます!
今朝も元気に静かな朝を迎えています。朝から窓を開けるとさわやかな風吹き込み、虫のコーラス
も聞こえ秋を堪能しています。一晩寝ると元気に朝を迎えること出来何より有り難いです。
昨日は日曜日で第45回の大牟田市民囲碁大会でした。この会の会長をしています。町の公民館で
120名の参加で段級ごとの個人戦でした。名誉5段で出場していましたが連敗ばかりだったので
昨日は4段で出場しました。おかげで2勝2敗で久しぶりに勝つこと出来ました。麻雀だと負けて
も付いていなかったと慰められますが囲碁は実力だけに負けた時も悔しさ大きいものあります。
又逆に勝った時の喜びひとしおのものあります。長年やっていますと碁敵がたくさん出来ます。
かけがえのない仲間です。皆お互い一手一手これが一番良い手と思って打進めます。しかし何時の
間にかはっきり差が付いてきます。何処が今一番大切な所かの捉え方の差になります。上手な人程
全局をしっかり見て急所を見極めます。ここに力の差が出てきます。もう手がないと思ってもよく
考えるとまだ見落としていた手があります。大事な局面でうっかり筋違いの手を打ち大事な局面を
失うこと多々あります。囲碁は陣取りゲームですのでつい相手の石を取ろうとしがちです。上手に
なるほど石を思い切って捨てて振り替わって局面打開します。なかなかこの発想を身につけること
難しいですが大切な考えです。相手の立場になって局面を見渡し、何処が今急所かを判断する力が
求められます。囲碁に限らず経営、社会生活する上で大切な所です。一手を考える中に深い世界あ
ります。ここが囲碁の魅力です。ここをしっかり味わえるようになりたいものです。
囲碁大会を終り夜は碁敵の医者、経営者、元教師の仲間と会食しました。このメンバーで飲んだの
は初めてでした。皆夫々の人生をしっかり歩いてきています。皆個性豊かな人達で囲碁に限らず、
様々な人生観、経営観等で話し盛り上がり、楽しいひと時を過ごしました。話の中からいろいろ気
付かされること多く、良き友に恵まれ有り難いことです。

関連する記事