おはようございます!
今朝も元気に静かな朝を迎えています。秋も深まり肌寒くセーターを着ています。
昨日は午前中週末恒例のお墓参りとショッピングに出掛けました。お墓に行くと四季の変化が良く
実感できます。周囲の景色が同じ場所でも変化します。又鳥の鳴き声も変わっていきます。草や木
の葉も変わっていきます。そして変化の背景に大きな自然の原理原則が働いています。日々色々な
ことありますがここに来ると何かホッとします。両親に一週間の報告をします。
午後から高校の後輩3名来所され、各地で町起こしで活躍している後輩の人に大牟田に来てもらい
講演会を開くことになり、三池同窓会の後援依頼でした。町起こしいろいろな角度から考え取り組
んでいかなければなりません。母校も来年100周年だけに町起こしと関連して取り組むことが肝
要です。大牟田市人口減少と少子高齢化の影響強く受け各分野で様々な影響出ています。
少子高齢化の影響で生徒数激減し、その中でスポーツや学業の優秀な生徒ほど大牟田以外に出て行
き、母校も定員削減と学校存立そのものが問われる時代になっています。この現実をしっかり受け
止めこれからどういう学校を目指すか、それには何が必要かをテーマに100周年事業に取り組ま
ねばと心新たにしています。一人で出来るものではありません。多くの人に考え共に取り組んでい
かねばなりません。今回の講演会等を含め様々なことに積極的に取り組んで、新たな道を模索した
いと考えています。
夜は隣町のみやま市の囲碁フェスティバルの柳川市の御花での前夜祭に出かけました。囲碁の大牟
田の支部長もしていますが囲碁人口減少しているだけにみやま市、荒尾市、柳川市と共に連携して
やるようにしています。日本棋院本部からも大渕九段、稲葉女性棋士も参加し会を盛り上げていま
した。現実をしっかり見つめ相互連携で囲碁発展に出来ることを模索、実行していかねばと考えて
います。やらねばならないこと次から次に出て来ます。町起こし運動幅広い連携で取り組んでいか
ねばなりません。

関連する記事