おはようございます!
今朝も元気にいつもより少し早く目覚め、静かな朝を迎えています。早朝の静かな時間大切にして
います。元気に朝起きれるかどうか健康のバロメーターです。朝起きて腹筋運動と腕立伏せ、日
記、ブログ、天声人語の打ち込みをやるのに丁度2時間かかります。毎晩飲みますので朝早い時は
その分早く起きることになります。今はあまり無理せず出来るようになりました。
早く目覚めたり、眠れない時は枕元の本を読みます。囲碁、古典、随筆種々の本を置いています。
この中で一番馴染み、親しんでいる本は父の愛読書でした「菜根譚」です。分からなくても繰り返
し繰り返し読んでいると少しずつその味が分かるように思います。著者の洪自誠は明の時代の人で
様々な人生経験を経た方で、儒教、仏教、道教に裏打ちされた人生観を持ち、いかに生きるべき
かを素晴らしい文章で語っています。嬉しい時、辛い時、悲しい時、行き詰まった時、失意の時等
あらゆる場面で淡々と語りかけ、励ましてくれる愛読書です。当時は今のような情報化の時代では
ないですが、自分を深く掘り下げ、時代、歴史、自然を深く見つめています。時代を超えての原理
原則を教えてくれる本です。よく人間の奥底をしっかり見つめています。
日々の生活をしていると思うように行かなかったり、どうにもならない時多々あります。こういう
時菜根譚を読み返すと不思議なくらい心落ち着き、又不思議な元気出てきます。人生をあるがまま
に受け入れる気持ちも起きてくる本です。時間あると菜根譚を開くようにしています。目に入った
どこからでもすっと入って行ける世界です。必要な時必要な師に会うこと難しいですが本だとこれ
が可能です。
父が「菜根譚」折りある度に読んでいた姿が目に浮かびます。辛いこと多かった人生だけにどれだ
けこの本から勇気をもらったことでしょう。素晴らしい本を伝えてくれた父に感謝しています。

関連する記事