おはようございます!

今朝も元気に静かな朝を迎えています。今週は冷え込んでいます。風邪に要注意です。一日、一週間、一ヶ月が飛ぶように過ぎていきます。今を大切にしたいです。

昨日は午前中三池高校同窓会の副会長、校長、P T A会長と市役所に行き市長、市議会議長に母校100周年事業への協力要請に出かけました。今年は大牟田市も市政100周年です。協同でやれる所は協力してやろうとのことで一致しました。市長には副市長時代から母校の記念事業の企画に携わってもらっていました。いよいよ今年は100周年の年です。この100年を振り返ってみますと大正、昭和、平成と激動の時代でした。歴史伝統一朝一夕で出来るものではありません。卒業生も3万4千人になります。大牟田市を取り巻く環境人口減少と少子高齢化の影響をモロに受けています。その中でこれからの100年に向けどういう学校を目指すか大切な分岐点を迎えています。皆で力合わせ盛り上げていきたいと思います。

午後からバレリーナーの今村氏事務所に来られタウン誌の「どがしこでん」の社長と記者で取材されました。2月1日発行とのこと。バレー公演が3月12日ですので丁度いいタイミングです。今村氏高校の後輩で5歳からバレーを始めソ連で修業を積み、日本を代表するバレリーナとなり、今はバレー団も持ち、後進の指導に励んでいます。東京都八王子市にスタジを構えて40年以上になるバレー教室を持ち、山梨県の清里で野外バレエ公演を行うなど、国内有数のバレエ団として確固たる地位を築いています。バレーの実演をまだ見たことありません。今回は「白鳥の湖」の公演とのこと。音楽はこれまで小さい頃からよく聞いていましたが、どバレーとしてどういう世界が繰り広げられるか楽しみです。同窓会としても皆で出来るだけのバックアップして盛り上げたいものです。素晴らしい100周年の記念事業にもしたいと思います。

夜は有明高専の校長、先生、市役所、経済界の人達との会に出席しました。2ヶ月毎に開いています。地元発展につながるよう地元企業と高専との連携で新たな事業開発を模索しています。一朝一夕ではなりませんが産学官連携により新たな世界を求めています。回を重ねる毎にメンバーも率直な意見交換できるようになって来ています。校長も普段積極的に地元企業を訪問し可能性を求めて取り組んでおられます。何をやるにしてもお互いをよく知ることが基本です。

 

 

関連する記事