おはようございます!

今朝も元気に静かな朝を迎えています。冷え込み雪になりそうです。天気予報良く当たります。風邪引いている人多く要注意です。

昨日は朝から社外役員をしている会社の経営会議に出席しました。毎月の定例会です。3月決算ですが増収増益の見込みです。お陰で財務体質も強化され、借入金も減らし、次に向けての投資も検討しています。企業の成長には増収増益が大切です。そうしなければ利害関係者への要望に応えられません。増収が単年度でなく継続して増収になるようにしなければなりませんが、この点がなかなか難しく来期は減収になります。右肩下がりの時代ここが一番頭の痛い所です。減収になると人件費、減価償却費、支払利息の削減不足が収益悪化のもとになります。供給過剰の時代ですので需要も変わり、価格も低下して過当競争になります。この中で売上増をはかるには売る商材を増やす、対象者を増やす、地域を広げるの3点から総合的に取り組むことが必要です。自社だけで次から次に市場を開拓し、製品を開発していくこと難しくなってきています。それだけに需要を明確にしてどういう供給すべきかを考え、自社で出来ない所はできるところとタイアップしていく発想が求められます。歴史のある会社ほどこの転換難しい所あり、ここで企業間格差生まれます。

需要超過の高度成長の時代は売上も自然に増加し、その範囲内に費用を抑えていけば増収増益となります。供給過剰の右肩下がりの時代では、売上の増加はかり、費用をその範囲内に押さえること難しく、経営悪化し、企業の利害関係者の関係も悪化し、下手をすれば内部崩壊していきます。業種、規模を問わず共通の課題です。ここをどう乗り越えていくかが経営の最大課題です。この課題最大テーマとして取り組み、新たな道を見出したいものです。

夜は東京の大学時代からお世話になった方の曾孫さん三人と夜食事を共にしました。それぞれ福岡の印刷、銀行、薬品関係の仕事で頑張っています。世代も変わり、曾孫さん達も30代の男盛で、月日の流れを感じます。親戚でもないのですが親戚以上のつながりを感じます。3人共お酒強く、よく食べ、飲み、大いに語り楽しいひと時を過ごしました。これからの時代人口減少、情報化の進展、国際化進む中経済環境厳しくなるだけにその中でたくましく道を切り開き、新たな活路を見出していってほしいものです。雪もやみ無事帰宅出来ました。

 

 

関連する記事