おはようございます!

今朝も元気に静かな朝を迎えています。3月も20日を過ぎ,桜も間近なのに朝からストーブです。

昨日午前中時間も取れ帰宅遅い日続いて3日間風呂に入っていなかったので隣町の温泉に出かけました。初めての事です。小雨降っていましたが露天風呂にもはいり,うぐいすの鳴声を聞きながら山あいの静かな一時を過ごしました。いろいろ考えることもあり良い一時でした。
何かと忙しい日を送っていましたので自分を見つめ直す良い機会でした。車で30分も行くと良い温泉幾つもあります。活用したいです。

午後からは事務所に戻り,中小企業診断士の若い仲間の人や元学校の先生や弁護士の人達と今後の事業計画の話をしました。ジャンルの違う人達の集まりですが,皆個性豊かな人達で面白い意見交換出来ました。最近異業種の世界の人達との話大いに興味あります。視点を変えると今まで気づかなかった世界いろいろ広がります。異業種の世界の考えを組み合わせて今までに無い新しい世界出来ればと思います。回りに自分の出来ないことの出来る人沢山います。異業種の人の組み合わせで、新しい世界開きたいものです。

夜は教経会の勉強会でした。最初は渋沢栄一翁の「論語と算盤」,その後は福沢諭吉翁の「学問のすすめ」で月一回の51回になり4年の歳月流れ,「学問のすすめ」の最終回でした。一人で読むだけでは分からない世界あります。レポーターの報告後メンバー皆からの意見交換しながら進めています。時代背景を考え,自分がその主人公になったつもりで,自分ならどう考え,行動するかの視点で考え,意見述べてもらいます。年代も幅広く,性別、職業の違う人達の集まりで,こんな見方、考え方もあるかと驚きです。昔書かれた本でもそこのテーマー現代にもそっくり当てはまります。主人公で,自分ならどうするかを考え意見を交換することで新たな世界が見えて来ます。
次の本は「菜根譚」で楽しみです。

関連する記事