おはようございます!

今朝も元気に静かな朝を迎えています。朝から冷え込みストーブ付けています。花冷えです。風邪に要注意です。

昨日はホテルチェックアウト後バスで京都市内の桜の名所を回りました。昨日は丁度満開で,雨も上がり最高の桜見でした。京都には何度も来ましたが桜見は初めてでした。先ず平安神宮の桜を見ました。広大な敷地に素晴らしい池や庭あり、その間に種々の桜が咲き誇っていました。維持管理大変と思います。

この後植物園へ行きました。広い敷地に所狭しと日本だけでなく各国の植物、花、木が植えられています。名前,特色も書かれています。その中の中心に桜が植えられていて,花の代表で堂々と咲いていました。昨日は平日でしたが観光客も多く,海外から沢山の人が訪れていました。植物園を出ると加茂川沿いに10キロメートルに渡り桜植えられていて,山、川、桜のハーモニーが何とも言えずスケールの大きい美しさで驚きました。東京、九州、鳥取から来ていた同級生達も圧倒されていました。

お昼は臨済宗の本山の大徳寺で昼食でした。托鉢精進料理で素材も器も吟味されていて歴史と伝統を感じます。精進料理普段食べる機会ありませんが美味しく頂きました。フランス、ドイツ、ポルトガル等世界からも観光客多く,日本料理や日本の風土に触れ楽しんでいました。最後は徒然草で有名な仁和寺を訪れました。中門を入ると左手に,涌き上がる雲のような御室桜が目に飛び込んできます。御室桜の特徴は樹高が低く,根元より単弁の香りの高い白花を咲かせます。

今回初めて京都の桜を心行くまで堪能しました。改めて京都の歴史とスケールの大きさとインフラ整備整っている事に目を開かされました。
京都大学の先生をしていた同級生の配慮のおかげで楽しい,充実した花見になりました。退職後は俳句に精を出しなかなかのレベルのようです。京都の事隅々まで知っています。心に残る様々な思い出を胸に帰途につきました。

関連する記事