おはようございます!

今朝も元気に静かな朝を迎えています。パソコン忘れ事務所に来てブログ書いています。早朝の事務所静かです。

昨日は午前中隣町の顧問先を訪問し経営課題の検討をしました。毎月月次決算に基づき経営課題の検討をします。数字の背景をよく抑えておくことが肝要です。ガラス業界で、業界自体は右肩下がりになっています。その中でM&Aや海外進出をして売上伸ばしています。生産追いつかず工場拡張をしています。思い切った投資をしています。収支バランスをよく注意しておかねばなりません。新しい市場開拓もしています。この時代なかなか出来るものではありません。共に活路を開いていきたいと思います。

経営環境刻々と変わり、ニーズの変化を捉え、的確な対応求められます。これまで、今、これからを考え、どこに向かうかの方向を定め、必要な手を打っていかなければなりません。いくつもの案出て来ます。なかなか絶対的のもの出るものでありません。 
だからと言って手をこまねいているわけにはいきません。思い切った決断をしてチャレンジしていかねばなりません。経営者も大変です。経営者の話をじっくり聞き、考えを整理し、とるべき道を明らかにして、実行に移していかなければなりません。考えを整理し、判断しやすいようにお手伝いしていくことも顧問の大きな仕事です。

夕方昔から懇意にしている税の専門誌の雑誌社の人東京の上司と来所され懇談しました。60年の歴史のある会社で全国展開しています。最近売り上げが減少し苦吟しているとのこと。今の仕事が60年もたち、環境も大きく変化している中でニーズにあった雑誌になっているかを検討しました。特にインターネットの時代になり情報革命起きているのにその対応の遅れが原因ではということで意見一致しました。業種、規模を問わず共通の課題です。この視点から身の回りの経営を見直すことが何より肝要で、大きなニーズを感じます。

関連する記事