おはようございます!

今朝も元気に静かな朝を迎えています。さわやかな天気続いています。

昨日午前中は会計ソフトの点検をしました。得意先のデーターが復元出来ません。普段のデーター保存が悪かったのか原因を追求しています。奇跡的に私の事務所のデーター残っています。他のデーター何故消えているのかが分かりません。この休み中にチャレンジしたいと思います。思いがけない事起こります。しっかり受け止め道を切り開いて行きたいです。

午後から有明高専二年生の学生に「人生の取組み方」の講演をしました。5クラス200名でした。これまで入学の時から学科に入っていましたが2年前から共通入学となり、2年生の10月から専門の学科に分かれるようになっています。今これからどう生きてきていくかの分岐点に立っています。沢山ある道から自分の道を見出さなければならない大切な時です。勉強、クラブ活動、様々な生活を体験しながら自己探しをしなければならない貴重な時です。人生は選択の連続です。選択の結果どうなったかの中から次の道を見い出していかねばなりません。これまでの自分の人生を振り返り、その中で読書の楽しさ、大切さ、継続の大切さ、基本的なものの考え方を話しました。日々の努力の積み上げで新たな可能性生まれます。少しでも生徒達のこれからの人生の指針になってくれればと思います。高校時代をどう生きるかでこれからの人生の方向決まります。様々なことにチャレンジし、失敗、成功を繰り返し、その中から人生の大切なものと掴み取ってくれることを祈っています。

どこの学校も人口減少、少子高齢化の時代となり熾烈な生き残り戦争が起き、統廃合が行われています。時代の流れとともに学校に求められることも変化しています。この変化の背景をよく把握した学校経営が求められています。又変化の激しい時代だけに知識だけでなく、人生のバックバーンをどう伝えていくかも大切な課題となってきています。

関連する記事