おはようございます!

今朝も元気に静かな朝を迎えています。連日暑い日続いています。

昨日は朝から新幹線で大阪から戻りました。4時間の列車の旅です。汽車の旅は自己を見つめたり読書に最適です。元大蔵省理財局資金企画室長をしていた高橋洋一氏の「国債の真実」を読んで来ました。現在国の借金は1千兆円を超えています。国債は国の借金。だから少なければ少ないほうが良い。国際は発行されればされるほど、国民の負担が増える。国は出来るだけ「節約」して、予算を減らすべき等の意見あります。1千兆円を超える国債残高年々増え続けています。これから我が国はどうなっていくのか心配になってきます。7年前福岡県の監査で県の収支問題をテーマに研究し、この思い強くあります。様々な意見ありますが、今一度見直してみたいと思います。国債に限らず考えねばならない課題次から次に出て来ます。

お昼頃大牟田に着き若い経営者の人達12名で地元の工業団地に最近入所されたアスク・インデックスという会社を訪問し、会社の概要、事業内容を聞き工場を視察しました。全国的に事業展開しています。不要になった機械設備、部品等や暖冷房器具、備品等幅広く仕入れ、修理、加工、リフォームして再販売する仕事です。景気低迷し、供給過剰の時代だけに製品寿命短くなり、次から次に対応していかなければなりません。不要になったものをまだ使用可能か、手を加えることで使えるようになるかを見極めるのがポイントです。それからこれを求める需要者と結びつけ事業化しています。工場、製品陳列を見ましたが見事にリフォームされています。色々な業種の企業と連携し、様々な分野で共同してやっていけば面白い事業になりそうです。既成概念を打ち破り、需要を見極め、それにあったものにリフォームしていくやり方興味あります。固定観念にとらわれず社会経済変化を見つめ直していくと面白い可能性沢山ありそうです。

関連する記事