おはようございます!

今朝も元気に静かな朝を迎えています。昨日は72年の終戦記念日でした。当時4歳でB29の空襲警報とともに防空壕に逃げていた事覚えています。ここからが私の人生の思い出のスタートです。戦後70年の変化凄まじいものあります。変化の意味をよく噛み締めたいと考えています。これからどう変わっていくのか強い関心あります。今後どうなるか予測難しいですが、大きな歴史の流れの中でこれからを考えるキーワードを絞り出し、考えていく事が大切です。世界が一つになり、あまりにも多くの要素が絡み合っていきますので予測が難しくなって来ています。それだけに歴史を見直す事の重要性を感じます。

昨日は朝の倫理法人会で会員の牧場主の人の「食改善」の卓話でした。北九州の製造会社の技術屋さんでしたが一念発起して20年前に牧場を開いて牛、豚、鶏等を飼育しています。改めて食の基本の土、飼料、飼育方法等を根本的に見直し、余りの危険な状況に直面し、改善事業に取り組んでおられます。40代半ばの方ですがふつふつたる使命感を持って取り組んでおられ感銘を受けました。一度牧場を訪れ現場を見せてもらいたいと思います。いろいろ勉強になります。

お盆で二日市のお寺から若いお坊さんに来てお経挙げて頂きました。ご両親も知人で現在ロンドンのお寺におられ、お盆で故郷へ帰っていたとの事。子供さんも小・中学生になりロンドンの学校に通っているとの事。お寺も国際化進んでいます。ロンドン大学の先生との縁で正行寺の分院がロンドンに20年前に出来ています。お寺ゆかりの若い人達の国際交流も進んでいます。お寺にはお坊さん以外の一般の信者の方の家族も住んでおられ、3世代から4世代位の人が共に生活する事で親では出来ない教育もされているユニークなお寺です。

午後からは事務所に行き読書をして過ごしました。これからの事で考えを整理しておかねばならない事沢山あります

関連する記事