おはようございます!

今朝も元気に静かな朝を迎えています。今日台風九州上陸とのこと。今のところ静かですが今日暴風雨圏内に入り警戒警報出ています。今年2度目の台風で十分警戒の要あります。

昨日午前中三池高校100周年の芸術祭2日目東京から大津鋭敏氏に大牟田に来てもらいトークショウを開きました。日本芸術会員で安井賞や各新聞社の賞を獲得し日本を代表する画家になっています。東京芸術大学の美術学科を卒業後画家の道を歩んでおられます。三池高校の2級後輩で柔道部にも所属していました。鷹尾先生という絵の先生に彼の絵を見て東京芸大を受けてみたらと勧めらての進学でした。結婚後家族とパリに留学し、絵の研究に専念し、基礎を作っています。長いこと子供さんをモデルに沢山の作品を残しています。子供さんの成長の跡が描かれています。会場でのトークショウでしたが洒脱な話し方で学生さんはじめ皆話に聞き入っていました。

会場の作品は絵画・書・陶芸、染織、彫刻、デザインの作品が展示されています。同級生や知人もいて作品に親しみを覚えます。卒業生、在校生、先生方の作品展示されていて皆さん作品に見入っていました。それぞれの作品には思いこもっていて心に響きます。芸術で生計立てる事大変と思います。
でも自分の感じた事を作品に出来たら人生もまた豊かになると思います。

大津画伯6時半の飛行機で駆けつけ、夜の飛行機で帰る慌ただしいスケジュールの中関係者と昼食会をしました。恩師や同級生もおられ普段聞けないエビソードを沢山聞くことできました。どの道であれ生涯かけて打ち込んだ人には独特のオーラーがあり、心に響くものあります。

今回母校の100周年同窓会実行委員長を仰せつかり、何かと大変ですが各界各層の人や全国各地で活躍されている多くの人に接する事出来世界が広がったように思います。一人一人の積み上げが母校の歴史と伝統になっている事を実感します。

関連する記事