おはようございます!

今朝も元気に朝を迎えています。毎日同じようで日々微妙な変化あります。一年を通じると四季折々の変化になっています。自然の不思議な大きな力を感じます。

昨日は福岡の会社の役員会に出席しました。8月までの実績と今季の見通しと課題の検討会でした。伝統ある会社で少しずつ変わってきて、厳しい中にも今までにない動き出て来ています。7つの事業部あり、それぞれ独自のやり方だったのが連携プレーする動き出て来ています。また製造、営業、開発の連携も改善されて来ています。会議の前に関係責任者集まり事前打合せが行われています。それにより売上げ減少に歯止めかかり上向きになって来ています。良い傾向でこれは更に進める事が肝要です。これからを考えると更に株主、取引先、銀行等を活用し、業務提携、M&A等を推し進めていく事も大切な戦略です。これまでの延長線だけの戦略では限界があります。

供給過剰の時代だけに価格競争激化し、製品のライフサイクルも短くなります。これに対応していくには売上商材を増やす、売上対象者を増やす、地域を広げるの視点で新たなビジネスモデルを構築していく事が大切です。これまでの延長線のやり方ではジリ貧になっていきます。どの仕事も需要の中身をしっかり押さえ、自社で出来る事と出来ない所を明確にして、出来ない所は出来る所とタイアップして可能にしていく考え方が大切です。業種、規模を問わない共通課題です。

今この視点で関係している企業の経営を見直しています。企業はどういう環境下でも売上拡大していく事が求められます。これが出来るかどうかで企業の命運決まると言っても過言ではありません。このテーマをライフワークとして取組んで行きたいと考えています。これまで監査、企業経営、会議所、様々な会社役員・顧問を経験した事が大きな柱になっています。ここをベースに企業の経営改善に残された人生を打ち込んで行きたいと心新たにしています。

関連する記事