こんばんは!

明日早朝倫理法人会の例会に出席しますので今日のうちにブログを書いています。冷え込みも厳しくなり5度位の温度で風邪引いている人増えています。淡々と日々過ぎていき今年も残り少なくなってきました。

午前中は顧問先の社長と経営課題の検討をしました。二人ですので忌憚のない意見交換出来ます。 社長経験ありますが社長はなかなか人に自分の腹を見せられない所あります。10年以上顧問をしているので忌憚のない意見交換出来、立場もよく理解出来ます。人口減少、供給過剰の時代で売上伸びず、環境変化激しく需要にあったものを供給していくことが難しくなってきています。業種規模を問わず共通の課題です。企業の生命線です。この中で売上増を測れるかどうかが問われています。また人は容赦なく年をとって行きます。良い後継者育成出来るかどうか企業の命運に関わります。この中で企業の生き残り、成長発展出来る企業作りを目指しています。どう具体化していくかが何より大切です。

時間取れると読書にいそしんでいます。様々なジャンルの本にチャレンジしています。繰り返し読む本と目を通して多読する本と併用しています。読んだ本の中から血となり肉となるものを摂取しています。様々な視点から見直すことで新たなもの見えて来ます。昔の話のようで基本テーマー共通で原題そのものです。古きを尋ねて新しきを知る温故知新を心がけたいものです。

夜は中国古典の司馬遷の「史記」の勉強会でした。何千年も前の話ですがじっくり読むと現代と共通項のことばかりです。特に歴史書は相手の立場になって考えていくことが大切です。同じことも立場を変えてみると別の世界が見えてきます。勉強会後弁当を食べながら意見交換するのが楽しみです。
様々な仕事、立場の違う人の集まりなので視点を変えるとこんな見方も出来るかと新たな発見あります。この会も30年になりよく続いていますが容赦なく高齢化の波押し寄せています。

関連する記事