おはようございます!

今朝も元気に静かな朝を迎えています。昨日は朝から咳と鼻水出て病院に行きました。注射を打ち、薬をもらって来ました。自宅に戻り静養しました。今年は一度も寝込むことなく健康過信していました。無理は禁物です。家に戻りしばらくぐっすり眠り大分良くなりました。

寝床で詰碁の本を読みました。30年前に繰り返し読んでいた本です。久しぶりに開いて問題を解いていますが新鮮です。考えて考えて解きますがなかなか思うように行きません。これを繰り返すことでサッと解けるようになるまで繰り返します。少しずつ形が頭に入ります。囲碁も繰り返しやることで基本が少しずつ身につきます。瞬間的に最後まで読めるようになるまで繰り返します。囲碁も布石、定石、手筋、詰め、と幅広い勉強が必要です。高段者の棋譜を並べることも勉強になります。囲碁はお互い一手一手自分ではそれが最良と思って打っていきます。どこかで差が出て来ます。大局的に見てどこが一番大切かを見極める目が大切です。また手順が大切です。読みの深さで差がつきます。訓練すると同じ時間でも読みの深さの差が出ます。反復練習をすることで少しずつ自分のものになります。

囲碁の手法、考え方人生生きていく上で参考になります。訓練することで一手の重み、深みが違って来ます。やればやるほど深い世界が出て来ます。囲碁をやることで一手の重みの大切さを痛感します。次の一手をどうするか人生でも重要な所です。次の一手をどこに打つか人生でも大きく変わります。囲碁を勉強することで多くのヒントを得ること出来ます。次の一手をどこに打つかの捉え方で違って来ます。恐ろしいほどの影響あります。何事も真剣に取り組まねばならないことを痛感します。囲碁の研究は人生、経営全ての基本に通じます。最近久しぶりに囲碁の本を手にして大切なことをたくさん思い出しました。また取り組み直しです。やりたいこと、やらねばならないこと次から次に出てきます。