おはようございます!

今朝も元気に静かな朝を迎えています。おかげで風邪も収まり、元気です。今年も残り少なくなってきました。昨日は朝から事務所に行き大掃除をしました。特に机中の資料を全部出し、不要な物を処分しました。いつの間にか結構溜まっています。机上、机中をスッキリしたいと考えていますがなかなか思うように行きません。分類してファイルしていますががそのファイル名の付け方悪く、必要な時必要なもの出てこないこと多々あり、改善の余地あります。心の整理うまく出来ないのが日常生活にも出ていて、工夫の余地あります。

午後から時間とれたので事務所でパットの練習をしました。練習マットを買ってきて練習しています。繰り返しやっていると少しずつコツが分かるようです。基本を繰り返し反復練習し、体で感触をつかむことが肝要のようです。良い気分転換にもなります。

午後から安岡正篤先生の「人生の五計」を読み返しました。折あるたびに繰り返し読む本の一つです。古典は繰り返し反復することによって少しずつその味が分かってくる様です。「人生の五計」すなわち「生計」「身計」「家計」「老計」「死計」は人間いかに生きるか、いかに身を立て、家庭を築き、悠然と老いて、価値ある死を迎えるか人生の基本問題です。いつの間にか「老計」「死計」を真剣に考えなければならない歳になっています。自分の頭の中だけで考えていても分かりませんが先人の教えに触れることの大切さを痛感します。繰り返し読み、噛み締めながら読むことで少しずつその教えが体に染み込んでくるようです。古典を繰り返し紐解くことで時代、国境を越えて今に伝わって来るものあります。先人の言葉をよく噛み締め、独りよがりにならないよう気をつけねばと心新たにしています。「人生の五計」への気づきと実践は年齢の長小、性別に関係なく果敢に臨むことの出来る哲理です。人生は考えれば考えるほど深いものあるようです。

関連する記事