おはようございます! いよいよ今日でゴールデンウイークも終わります。 いろいろ普段できないことやれ、何よりでした。 禅の本を読んでいましたら騎牛求牛(牛に騎って牛を求む) という語句に出会いました。 読んで字のごとく、自らが牛の背に乗っていながら、 その牛を探し求めているさまを表した句です。 ここで牛とは仏性のことで、仏性は本来自分の中にあるものなのに、 それに気づかず外に仏を求めることをいいます。 自分が真理のまっただ中にあることを知らずに、 外に真理を求める愚をいっています。 ある困難に出会った時その困難をどうしたら避けられるかと、 あっちに求めたり、こっちに意見を聞いたりしているということは 本当は愚かなことです。 苦しいと思っている自分の心さえ解放してしまえば、 どんな苦しいことが起きても、ちっとも苦しくありません。 まず己にかえってよく考え直せということのようです。