おはようございます! 昨夜会合で飲み過ぎ、家に戻りソファでそのまま寝てしまい寝坊しました。 年を考えなければなりません。 昨日は監査役をしている会社の四半期の実績検討会に出席しました。 初めての経験でしたが立ったままの会議でした。 厳しい状況が続いていますが、どこからきているか深く考え 対応していかなければならない時です。 午後から古賀工場を視察しました。 25年前に建てられた工場で、鋳物が主です。 初めて見せてもらいましたが様々なソフトが含まれています。 労働集約型で収益性をいかに高めるかが大きな課題です。 伝統があるだけに新しいことや改善がやりにくい面があります。 この壁をいかに破るかがテーマです。 何事も物事に取り組むには話や書類だけでなく、自分で足を運び、 現場に行って、自分の目でみ、話を聞き、それから対策を 考えることが何より大切と思います。 歴史があり、国際化が進んでいる中で、この工場でなければ ならないことは何かを考えていくことが生き残りの鍵のようです。 新たな視点でこのテーマに取り組みたいと思います。