おはようございます! 連日暑い日が続きますが、朝はさわやかです。 午前中荒尾の関与会社の役員会に出席しました。毎月行われています。 社外取締役、監査役5名いて、銀行、親会社、弁護士、会計士で 夫々の立場から意見を述べ面白いと思います。 できるだけ異質な、また多面的な視点で見ていくこと 企業経営上極めて大切なことです。 午後から市立病院経営検討委員会に出席しました。 市立病院の役割は何かを明確にして、診療内容の特化が求められます。 また経営的な視点で収支バランスの崩れをどう回復するか、 それには何をすべきで、今の経営形態でできるかが問われます。 市立病院は市が保有し、管理を指定管理者に任せるか、 独立行政法人を目指すか、民間委譲するかを検討しなければなりません。 一つ一つの選択肢の一長一短を丹念に検討し、大きな方向性を 見出したいと思います。 収支バランスの崩れをどう回復するかは国も自治体も企業も共通です。 このテーマー私のこれからのライフワークの一つにするつもりです。