おはようございます! ブログ書き終え投稿したとたん消えてしまい今日もそうでショックです。 昨日はいろいろな方とお会いしました。 午前中は日本旅館組合の責任者の方と会いました。 全国的に旅館経営厳しい状況にあるようです。 バブル時の過剰投資が過剰債務となり返済に苦慮している所続出しています。 旅館にとっての過剰債務は銀行にとっては不良債権で裏腹です。 このままでは旅館も銀行も資金が回らず壊疽(えそ)状況です。 事業再生のスキームをどう作るかこれからの大きな課題です。 取り組まねばならない課題次から次と出てきます。 午後から陶冶会の会長と福岡のホテルで会いました。 会長とは東京の友人のコンサル会社の社長の紹介で知り合いになり 肝胆相照らす仲の方です。 陶冶会とは古典を学ぶことで経営者、人材の育成を図る会です。 戦後日本経済は例のない経済成長を遂げましたが、反面私利私欲と 拝金主義が横行し人間として大切なものが失われています。 陶冶とは人間のもって生まれた性質を発達させ人材を薫陶養成することです。 変化の激しい先の見えにくい世の中だけに古典を学び現代を見つめ これからどうあるべきかを考えることの重要性を痛感しています。