おはようございます! 昨夜早く休みぐっすり眠れさわやかに目覚めました。 何より有り難いことです。 昨日は日曜日でしたが午前中いつものようにお墓参りをしました。 お墓は大牟田市内の甘木山のふもとにあり町が一望できます。 又四季折々いろいろな花が咲き、鳥のさえずりが楽しめます。 雨上がりの新緑の木々も見ごたえがあります。 買い物の運転手をつとめ、待つ間本屋に寄るのも楽しみの一つです。 午後から事務所で音楽を聞きながら机上整理したり、仕事をしたり、 本を読んで過ごす時間大切にしています。 昨日は無可無不可(かもなくふかもなし)の言葉が心に残りました。 世の中は良いことがあれば必ずその陰に悪いことがついて回ります。 人間の世界は楽があったらその陰に苦があり、苦があったらその裏側に 必ず楽があるようにできているようです。 苦しみと楽しみは別々にあるのでなく、苦楽一体です。 普通日本語で可もなく不可もなしといったら適当な所というような 意味になりますが仏教では苦楽一体をいっています。 普段何気なく使っている言葉の原語の意味を勉強する要がありそうです。