おはようございます! 毎日いろいろなことがありますが元気に朝を迎えています。 できるだけ時間を作って読書しています。 昨日は松原禅師の「一日暮らし」の言葉が心に残りました。 「一日暮らし」とは今日一日、この一日一日を取り返しのつかない 時間として生きていくことです。 どんなつらいことでも「今日一日」と思えば我慢してやっていける。 どんな楽しいことでも「今日一日限りだ」と思えば 歓楽にふけることもありません。 今日一日とは、一生涯の中の一日ではなく、「自分の全生涯が 今日の一日である」と考える。 自分の一生涯を今日この一日に詰め込んで、今を大切にしていくことです。 今日なすべきことは明日に延ばさず、確かに行っていくことが 良き一日を生きる道です。 禅の言葉で「日日是好日」です。 逆境の時は逆境を愛し、順境の時は順境を愛していく。 物事を比べずにその時を大切にし、その時になすべきことを なしていくことが、生きる上で一番大事なことだと説いておられます。