おはようございます! セミの声で目覚まし、シャワーを浴び元気に朝を迎えています。 今年は例年になく雨が少なく猛暑が続いています。 昨日午前中地元の金融機関の役員会に出席しました。 今のところ順調な業績ですが、地価の下落や地元経済にかげりが 見えますので直接間接の影響が予測されます。 金融機関と企業は裏腹の関係ですので、金融機関が慎重に なりすぎると企業の資金逼迫します。 このバランスをいかにとるかが微妙な所のようです。 午後から福岡へ行き監査役をしている会社の監査法人との報告会に出席。 今期から四半期レビュー、内部統制組織の評価も加わり、監査コスト 増大する中で、いかに経済的に監査を実施するか大きな課題です。 監査役の役割と責任増大する中でこれから何をなすべきか見直しが必要です。 経済が右肩下がりになるとこれまでにない問題、現象が起きてきます。 用心しないと加速度的に経済収縮していきます。 取引先の経営悪化で不良債権発生し、資金繰りに窮している 企業が増えています。 資金は血液と同じで、スムーズに流れないと弊害が出て経済が病んできます。 この課題にこれからのライフワークとして取り組んでみたいと思います。