おはようございます! 今朝は少し早く起きブログを書いています。 窓を開けると様々な虫のコーラスで秋を感じます。 毎日いろいろなことが起こり世の中変化しています。 リーマン社の経営破綻はアメリカ・世界の金融システムが行き詰ってきている 象徴のように思われます。 国際化が進み世界中が大きなシステムに組み込まれ、良くても悪くても、 世界中に大きな影響が出てきます。 今回の破綻は世界中の金融経済に計り知れない影響が出そうです。 戦後アメリカの金融システムで世界が動いてきていたのに対応できなくなり 大きなきしみが出てきています。 世界の先進国の経済が行き詰まり、不気味な予感がします。 右肩下がりの経済成長になると加速度的に悪いほうに流れていくだけに 今の動き予断許さずよく見ておかねばなりません。 これまでは外国で何が起こっても対岸の火事で済ませたことが、今は世界が 大きなシステムに巻き込まれていて様々な要因が複雑に絡み合って 動きを読むことが難しくなってきています。 世界の中の日本をよく見ておかねばなりません。