おはようございます! 今朝も鳥や虫の声で目覚めさわやかな朝を迎えています。 最近公会計に関心が出てきました。 最初はなれずに戸惑いましたが、素直に字句にとらわれず大きく流れを 把握するといろいろなものが見えてきます。 最初から細部に入ると分からなくなりますので、全体をわしづかみに 把握するようにつとめています。 単年度でなく5年10年位の数字を並べ構成比、趨勢比を出して見てみると いろいろな変化が見えてきて素直に何故だろうと考えていきます。 構成比の中で大きいものから2割位を抑えると全体の8割カバーできます。 大きいものを重点に趨勢比を見て変化を見ていくと流れが見えてきます。 焦点を絞ってスポットを当てて中身を見ていきます。 これを繰り返すことにより流れと問題点が浮き彫りになってきます。 関係者より背景や原因を聞くことにより理解を深めます。 又戦後の日本経済、社会、環境変化と重ね合わせていくと変化の背景の 理解が深まるようです。問題点課題を洗い出しどう対処すべきか考え 行動に移していかねばなりません。 これからこのテーマーに取り組んで行きたいと思います。