おはようございます! まもなく7時ですがまだ薄暗い感じです。夜が長くなりました。 昨日は一日大牟田の事務所で過ごしました。 普段できない資料整理も大切な仕事の一つです。 これからいろいろ理論を組み立てるにあたりその根拠を明確に しておかねばなりません。地味な努力ですが手を抜けない所です。 夜は事務所で新起会を開きました。月一回ですが15年以上になります。 これまでに経験や考え方を伝えることでこれからの人たちが 少しでもヒントになればと思っています。 伝えるにも限界があります。本人が責任者として悩みぬき、 自らつかみ取ることが大切です。 新起会から帰って安岡先生の本を読んでいたら「肉眼と心眼」の一節が 目に留まりました。 人間は特に目が大切です。物が見えなければなりません。 それも単なる肉眼では目先しか見えません。それではすこぶる危険です。 我々は外と同時に内を見、現在と同時に過去も未来も見、又現象の奥に 本体を見なければなりませんとありました。 含蓄のある言葉で心眼で見えるよう務めたいものです。