おはようございます! 山口県の川棚温泉のホテルでブログを書いています。 昨日は午前中秋吉台へ出かけました。東洋一といわれる石灰岩の鍾乳洞です。 30年振りに訪れましたが巨大な石灰岩の自然の造作に圧倒されます。 さわやかな秋風に吹かれ広大な秋吉台の景色を堪能しました。 萩市で昼食をとり市内の博物館や吉田松陰の松下村塾の跡地に行きました。 萩市はこれまでなかなか縁がなく初めてきました。 毛利藩の本拠地で日本海に面した静かなたたずまいの城下町でした。 この小さな静かな町から沢山の明治維新の志士達が育ち、近代日本の 基礎が築かれています。教育の重要性を痛感します。 萩市はどこから行くにも不便で時間かかります。 江戸幕府が毛利藩を萩に閉じ込めたのも政策上わかるような気がします。 バスのドライブで山口県の景色をたんのうし川棚温泉に投宿。 川棚温泉は昔からある温泉で下関の奥座敷です。 皆で温泉にゆっくり入り疲れを癒し、魚料理に舌鼓を打ちました。 仲間も皆半分は70歳を超え月日の立つのの早さを感じます。 会計士業界の大きな変革期に大きな仕事をしてきた人達で さりげない会話の中からも学ぶことばかりです。