おはようございます! 今朝は少し早く目覚めブログを書いています。 元京都大学総長の平澤先生の「生きよう今日も喜んで」の冒頭に 朝には、希望と張り合いをもって仕事をはじめ、夕にはその日の仕事を 終わり、感謝をもって、緊張をときほぐし、静かに喜びながら、 万物を拝む気持ちになることです。 今が楽しい。今が有り難い。今が喜びである。それが習慣となり、 天性となるような生き方こそ最高です、とありました。 世の中には、いつあっても微笑をたたえて喜んで暮らしている人が あるかと思うと、逆にいつ会っても、ぶっちょづらをして 怒って暮らしている人がいます。 喜びは先ず自分の心にも体にも温かみを与え、更には人にも喜びを伝えて、 世の中を明るくします。 喜ぶということで最も大切なことは物事を深く考えて有り難いと 思うことのようです。 世の中のこと当たり前と考えがちですが、不思議なことばかりです。 自然の中で生かされていることへの感謝の気持ちを持って生きて いくことが何よりも大切に思えます。