おはようございます! 今朝は少し早く目覚め、元気にさわやかな朝を迎えています。 一晩寝ると疲れもとれ、新しい力出てくること有り難いことです。 昨日午前中孫達も帰りましたが嵐の去ったようです。 何事もどん欲に吸収していくバイタリティにこちらも元気をもらいました。 これからの時代何かと厳しい右肩下がりになりますので、たくましく、強く、 真っ直ぐに生きていける人になってもらいたいと祈るような気持ちです。 孫達帰った後年賀状の整理をし、住所録とチェックし、出していなかった所へ 賀状を出しましたが結構時間かかります。 賀状を通じこれまでの様々な出会いや懐かしい人が思い起こされ、改めて いろいろな方のおかげでここまで来れたとの感謝の気持ちで一杯です。 時間とれたので石原慎太郎氏の「私の好きな日本人」を読みました。 日本武尊、織田信長、大隈重信、賀谷興宣、岡本太郎、横山隆一、五島登氏ら 取り上げて石原氏らしい切り口で生き生きと人物論を展開してあります。 「歴史」の原理をふまえ、それぞれの感性に応じて眺めれば、過去の歴史を 形作ってきた先人達の中に数多くの自分自身の分身を見つけることができる、 という視点興味深く思いました。