おはようございます! おかげで今朝もさわやかな朝を迎えています。 昨日は午前中の便で東京から戻ってきました。 たまには東京に行くと気分転換にもなり友達にも会い元気もらってきました。 大学時代夜行列車で東京へ行っていた時と隔世の感があります。 午後から大牟田の事務所に戻り仕事をしました。 疲れることもなく元気に仕事やれること何よりも有り難いことです。 上京の行き帰りに五木氏の「今を生きる力」を読みました。 戦中戦後の苦しい時代でも日本人はもっと元気があった。 不景気やデフレが続いているとはいえ、今よりはるかに大変な時代が これまで何度となくあった。歴史の影の部分をのぞいてみるとたくましい 日本人の生きるエネルギーが渦巻いていることが良く分かる。 今、この時代を生き抜く力は、一体どこにあるのか。 かけがえのない生命の重さをどう取り戻せばいいのか。 どうしてこれほど人間の命が軽くなってしまったのか。 その命の大事さをどう子供達に教えればいいのか。 今一度根本から考え直さなければならない時のようです。