おはようございます! 暑い中にも秋の気配が濃くなり、今朝も虫とセミの声で目覚めました。 昨日はお寺からお参りに来ていただき家族皆で先祖の法要をしました。 お盆や法要の時先祖の霊を迎え、故人をしのび、これからを考えること 大切に思えます。孫たちも小さな手で拝んでいます。先祖を大切にする 気持ちを植え付けたいと思います。一番の基本です。 法要の後皆でお墓参りをした後孫たちも帰って行きました。 嵐の去ったようでほっとしたような寂しい気持ちになります。 これからの厳しい時代たくましく生きていけるようになってもらいたいと 祈るのみです。 8月15日は終戦記念日です。戦後64年になります。 私は昭和17年生まれで67歳になりますが物心ついた時が終戦でした。 戦争を知らない人が大半の時代となりました。 日本では長い間平和が続き平和が当たり前のように思いがちですが 世界の動きをみていると厳しい課題山積しています。 節目の時これまでとこれからを考え課題と考えを整理することの 大切さを痛感します。