おはようございます! いつもより少し早く目覚めさわやかな朝を迎えています。 11月に入り急に冷え込んできました。 昨日は一日県庁で過ごしました。 決算書の数字を10年くらい並べ主要項目の構成比、趨勢費をとり グラフ化していきます。変化の大きいところに焦点を絞り内容を 掘り下げていきます。これを繰り返すことで大きな流れ、変化とその背景が 把握できます。これを整理し関係者に質問したり必要な資料を入手して 整理しています。これを眺め考えているといろいろ語りかけてくれます。 これに歴史的な背景を重ね合わせると変化の意味も深くなります。 素直に耳を傾ける努力しています。 また県の中から国や地方自治体の課題も見えてきます。 景気後退続き税収不足が加速し、福祉費や借入金の元利の償還費用増加し 資金不足はこれからの深刻な課題となってきています。 先を考え今何をすべきかを考えねばなりません。 問題点の指摘だけでなく改善の具体策と選択肢を明確にすることが必要です。 規模が大きく利害複雑に絡み合っていますので容易ではありません。 大変な課題ですがこれをライフワークとして取り組んでみたいと思います。