おはようございます! せき止まらず風邪まだ抜けませんが元気に朝を迎えています。 季節の変わり目で体調崩しやすいので注意肝要です。 昨日は朝から県庁へ出かけました。 監査報告書も今週中にやり上げねばなりません。 官庁独特の表現あり、言い回しに気を遣います。 大きな流れからのこちらの主張すべきことははっきりと言わねばなりません。 担当の方と納得いくまで話し合って進めています。 一つのテーマーをもとに膨大な資料を整理、分析し、まとめ上げていくには エネルギー必要です。これまでレポート作成あまりやった事ありませんでした だけにおかげでいい経験をさせてもらいました。 自治体の共通課題も大分見えてきましたのでこの後自分なりに整理し、 これからのライフワークとして取り組んでみたいと思います。 自治体も企業と同じく右肩下がりの時代の中財政改革が求められています。 財政改革は多くの要素が複雑に絡み合っています。 それぞれみな自分の権利というか既得権を放そうとしません。 総論賛成、各論反対となりなかなか先に進みません。 だからと言って仕方ないと流されれば破たんにつながります。 どの道をとるか大きな岐路に立っています。 この際債務の安易な次世代への先送りは戒めねばなりません。 少子高齢化の進む中これから少子化の人がいかにこの社会を支えていくかの 視点をもっと取り入れていくべきです。 それには国民、県民として国、地方自治の実態をもっと直視すべき時です。 勉強しなければならないことばかりですがチャレンジしたいと思います。