おはようございます! 大型連休始りますが、今朝も雲ひとつないさわやかな天気です。 鳥のさえずり、種々の花、新緑の木々を楽しめる候です。 四月二十九日に行われた全日本柔道大会で地元大牟田高校出身の高橋選手が 高校、大学の同級生の立山選手を破り優勝。信じられない快挙です。 二人は高校時代から良き仲間、ライバルで切磋琢磨して柔道に打ち込んで きています。全日本に出場するだけでも大変なのに決勝戦で同級生同士対決 で来たこと夢のようです。決勝戦の主審を務めた西田氏も大牟田高校出身で オリンピック選手にもなり、山梨大学の柔道部の監督です。 大牟田高校の柔道部を指導した前原先生は私と小学校からの角道場の仲間で これまで幾多のオリンピック選手や人材を育てた方です。 現在の杉野監督もまだ四十一歳ですが前原先生の指導で立派な監督になり 柔道界に多大の貢献しています。 大牟田高校も柔道と駅伝で全国的に活躍していますが、今では進学校 としても力をつけて来ています。これからが楽しみです。 今回の柔道の快挙これからの子供たちや地元に計り知れない勇気と夢と 元気を与えてくれました。 高橋、立山選手の健闘に心からの祝意と感謝の気持ちで一杯です。