おはようございます! 朝から肌寒く感じるようになり、秋を感じます。 おかげで今朝も元気に朝を迎えています。 昨日は朝から福岡の監査役をしている会社の役員会に出席しました。 月次決算の検討会でした。八月までのところ順調に業績回復しています。 売上も伸び、経費削減効果も出ています。後半受注が減少していますので 油断できません。経営は絶えず環境変化をよく見ておかねばなりません。 全体的に日本経済下降気味なのでどう対応していくかが課題です。 急激な円高が進んでいましたが、日銀の介入で少し持ち直しています。 為替変動貿易収支だけで決まらず、投機的な影響もあり複雑です。 円高は特に輸出に直接影響あり、国内のコストも相対的に高くなり、 国内生産減少し、輸入が増え、日本経済縮小していきます。 国際化が進めば進むほど為替政策重要となっています。 午後から県庁へ出かけ仕事しました。国と地方財政の勉強しています。 国の経済が弱ると税収も減少します。社会福祉費や国債費は毎年天文学的に増 え財政悪化がこれからの大きな課題となっています。 財政健全化と経済成長をいかに図るかを模索しなければなりません。