おはようございます! 朝から窓を開け新鮮な空気を吸い、気持ちの良い朝を迎えています。 毎日何かと忙しい日を送っていますが、元気で何よりです。 昨日は朝から県庁へ出かけ仕事しました。国の財政をしっかり研究することで 県の財政の課題を浮き彫りにしてみたいと思います。国と地方自治体は密接な 関係あります。相関関係を理解しておくこと肝要です。 自治体財政は毎年の税収の範囲で歳出を抑えていくことが原則です。 昭和50年から特例法で赤字公債の発行が認められるようになり、歯止めが 利かなくなり、毎年すさまじい勢いで借入金が増加してきています。 民間企業や個人では借入できないことが自治体の場合借入できるのでかえって 傷を大きくしてる所あります。 毎年の税収と歳出の不足分を借入しなければならず、借入額と返済額の差額 だけ借入金の残高が増えていくことになります。 このままいったらどうなるかをよく考えねばなりません。 自治体破綻も決して夢物語ではありません。 夜は大牟田の事務所で顧問先の若い経営者から経営相談を受けました 事前にマインドマップで整理してもらっていますので、問題点もはっきり 共通認識して話できます。前向きな姿勢なのでやりがいあります。