おはようございます! 台風心配しましたが九州は避けて行ったようです。 昔は九州は台風銀座といわれる位よく来ていましたが、最近はほとんど来なく なりました。何か気候の変化が起きているのかもしれません。 昨日は午前中大牟田の事務所で机上整理や連絡事項の整理をしました。 空けること多く資料すぐたまります。思うように財政の勉強進みません。 思いがけないことが起こり何か一つのことに集中できません。 その中でやるべきことを見失わないようにしなければなりません。 昨日松原泰道という禅のお坊さんの「百歳の禅語」を読みました。 その中で「眼横鼻直」という言葉が心に残りました。 「眼は横に、鼻は縦に」というのは余りにも平凡なことです。 けれども、その平凡なことがいかに厳粛な事実であり、いかに真理というもの を持っているかということです。「当たり前だ」と言って逃がしてしまう事柄 こそ熟思しなければならないとの教え身にしみました。 「覚る」とは、この心の奥底で深くうなずくものであって、それが人生を 豊かなものにしてくれます。故に平凡な事実でも角度を変えて深く見つめる ことが大事です。 対人関係でも同じで、自分の気に入らないような人でも遠ざけずに、ちょっと アングルを変えて観察すると意外と素晴らしい内容を持っているのに気づくこ とがあります、という松原禅師の言葉心にしみます。