おはようございます! 日曜日ですがいつものように目覚め、さわやかな朝を迎えています。 朝の静かな時間大切にしています。大事な一日の始まりです。 昨日は土曜日でしたが、顧問をしている会社へ行き経営者の人達と経営会議を しました。若い経営者で兄弟で力を合わせて取り組んでいます。 意欲的で勉強家なのでやりがいがあります。基本的な数字の見方、会計原則を 話しました。基本をしっかり身につけておかねばなりません。 事務所に市会議員の方が訪ねて来られ、財政の話をしました。 議員の人達も利害代表だけでなく全体的な視点も持ってもらいたいものです。 国と県の財政問題をしっかり勉強し、これからの地方自治の財政改革にも 取り組んでみたいと考えています。 すぐ解決策とか妙案あるわけではありませんが、全体がどうなっているか、 このままではどうなるかを考えていくことから始める必要あります。 佐々木常夫氏の「働く君に贈る二十五の言葉」を求めました。 様々な逆境を乗り越え、今東レ経営研究所特別顧問をされています。 仕事をする上では強さが必要です。困難な仕事を成し遂げる「粘り強さ」、 失敗しても叩かれても立ち上がる「芯の強さ」、時には自説を押し通す「気の強 さ」も必要でしょう。しかし強さだけでは幸せになることはできません。 強さの根底に優しさがなければ幸せになることはできないのです。 心にしみる言葉が沢山あり、心洗われ、又元気出てきました。