おはようございます! 少し寒さも緩んだ朝ですが、今朝も元気に朝を迎えています。 昨日は福岡へ行く電車で福岡市役所の旧知の局長と隣り合わせになりました。 2年前一緒にアメリカ視察に行った仲間で車中いろいろ話できました。 現実をよく見据え、市役所の課題に積極的に取り組んでおられます。 近いうちにゆっくり話をしてみたいものです。 この後監査役をしている会社の役員会に出席しました。 各部報告の検討会でした。日本経済の動きがいろいろな形で表れています。 預金は順調に伸びていますが、新規の正常な貸出が停滞しています。 個人の住宅ローンが雇用不安と所得が増えないため伸びません。 企業の前向きの設備投資にかげりあります。 株や土地等の投資物件が上がる要素なく停滞気味です。 その結果大量の資金が国債、地方債に流れているようです。 日本経済根本的に見直さなければならない時に来ているようです。 午後から公認会計士研修会で自治体監査の講習会に出席しました。 自治体財政厳しくなってきているだけに、自治体のあり方問われています。 自治体会計は現金主義、単年度会計で問題点が見えにくくなっています。 企業会計並みに発生主義と複式簿記の導入が検討されていますが、まだ 時間かかりそうです。又監査も内部と外部監査のあり方検討されています。 自治体会計も明治以来140年経ち制度疲労が起きています。 福岡県の包括外部監査も今年3月で終わりますので、自治体会計改革にも 取組んでみたいと考えています。