おはようございます! 連休ですが朝から曇り、雨になりそうです。今朝も元気に朝を迎えています。 この連休中何をするかいろいろ考えましたが読書とゴルフ練習、囲碁の勉強に に特に力入れてみたいと思います。 昨日は将棋の羽生名人の「大局観」一度読んでいましたがもう一度読み返し 要点をマインドマップに整理しました。 羽生さんはまだ40歳ですが、将棋界のあらゆるタイトルを獲得し大活躍を している棋士です。若い頃から頭角を現し将棋の勝負に打ち込んでいます。 これまでの棋士生活を振り返り、いろいろ人生観を語っています。 将棋を通じての物の見方、考え方大変参考になります。 一芸に秀でた人の考え方にはいろいろな世界に通じるものがあるようです。 あの若さでここまで考えているのかと驚かされます。これまでの対局で様々な 体験をしています。このことを様々な角度から分析し、大局的に整理して、 理論化されていて世界は違っても共感できること沢山あります。 脳髄を絞るようにして一手を考え選択していくすごさがあります。 自分でベストを尽くしても負けることあります。 勝負ですから必ず勝つか負けるかです。負けを冷静に見据え次につながる ものを見出しています。負けるには必ず理由があるということでとことん 原因を追及して、それをバネにチャレンジしていく姿勢感動です。 大局的に状況を見て何をすべきか判断し実行していくことが大切なようです。