おはようございます! 今朝は曇りで午後から雨になりそうです。元気に朝を迎えています。 体調も良く、一晩寝ると疲れも取れ有り難いことです。 ゴールデンウイークの中日でしたが昨日は仕事で久留米方面へ出かけました。 監査会社の第三四半期のレビューでした。たいていの人は連休ですが、経理 関係の人は四半期決算で連休もないようです。 上場企業は四半期ごとに決算書を作成し発表しなければなりません。 監査に限らず会社の状況を把握するには貸借対照表、損益計算書、キャッシュ フロー計算書、税務申告書を総合的に見ることで会社の状況が見えて来ます。 これらの相関関係をよく理解しておくことが肝要です。 又数期間比較したり、グラフ化したりすることで特徴がはっきりします。 大局的に大きな流れを把握し、現在とこれからの課題を整理するよう心がけて います。木を見て森を見ないことにならないようにしなければなりません。 事前にレビューしてポイントをつかみ、社長や責任者の人と会い話を聞くよう にしています。経営者が会社の現状とこれからをどう捉え、何をしようとして いるかを把握しておくことは監査の上からも極めて大切です。 経営者から会計士になり改めて経営者の大変さが分かります。 経営者の経験を踏まえ、今一度会計士は何をすべきかを問い直していきたいと 心新たにしています。これまでの様々な経験を整理し、いろいろなことに 取り組んでみたいものです。